お電話でのお問い合わせ

03-3683-0654

事業内容

補助金申請書の
作成サポート

新型コロナウイルス感染症の拡大等によって業績が悪化している企業に対して、国や地方自治体から手厚い支援(補助金や給付金など)が行われています。ティー・エー・リンクは支援が受けられるよう財務のプロ視点から申請書の作成サポートを行い、中小企業を支えて参ります。

対応補助金について

ものづくり補助金

小規模事業者持続化補助金

IT導入補助金

その他、COVID-19の流行に伴い、事業再構築補助金という補助金もございます。認定支援機関を持つ会計事務所と提携して取り扱っております。

補助金のフロー

サポートの流れ

01

ヒアリング

依頼されたらヒアリングを1〜2時間頂きます。 申請書に記載する内容などをヒアリングさせて頂きます。

02

申請書作成

ヒアリング内容を踏まえ申請書を作成します。

03

確認の面談

書類が完成したら、確認のミーティングを一回行います。(オンライン・オフライン)

04

申請書提出

内容に問題なければ申請書を提出させて頂きます。

05

採択報告

申請書が完成で採択されたら弊社から報告書が届きます。

06

採択後サポート

採択後は約5年に渡り採択内容の報告レポート作成をサポートします。

弊社の特長

親身なヒアリング

様々な質問で隅々までヒアリングをさせていただきます。お客様から『そこまで聞く?!』と驚かれることもありますが、それ以上に満足の声をいただいております。親身なヒアリングで申請に必要な情報を引き出します。

事業内容を整理

事業や組織体系等を細かくヒアリングさせていただき、その内容を踏まえ、納得のいく事業内容の整理を行います。

料金体制

基本着手金は5万からとなり、成果報酬申請金額に対しておおよそ10%が費用となります。もし万一通らなければ頂きませんのでご安心くださいませ。

経営コンサルタント

中小企業の経営計画作成・実行管理

当社は【中小企業の輝く未来を支援するナビゲーターとなる】という経営理念を掲げ、中小零細企業でも当たり前に経営計画が作成されるよう、経営計画の普及に努めています。
直接中小零細企業にご訪問(またはweb面談)をして、経営者が描く「未来のありたい姿」を具体的にするために経営計画作成の支援を行います。また、会社一丸となって成長が遂げられるよう、作成した経営計画の実行管理も行います。

経営計画のメリット

自社課題が明確になる

目標へ向かう道筋を計画するためにも、自社の現状を把握し将来のありたい姿と比べてどんなギャップがあるのか明確にする必要があります。弊社では自社の強みや課題、市場分析をベースに経営計画を作成していきます。自社の抱える課題が明確化されることで、経営で改善すべきポイントも把握することができます。

組織がまとまりやすくなる

経営計画書は従業員にとって会社の方向性を理解する手がかりです。経営方針を明文化することで、業務や事業と目標の結びつけが行いやすくなり、社員の仕事のモチベーションを上げ、組織のまとまりを強めます。

経営改善のサイクルが整う

経営計画書は日々の経営の改善に役立つ強力なツールです。計画をもとに実行したことを振り返り、次のアクションをつなげることで改善のサイクルを回すことができます。

行き当たりばったりの経営を
見直します

どの時代でも事業計画が大事といわれる事には変わりありません。
会社の事業計画は経営者だけでなく社員にとっても会社がどの方向を向いているのかを把握できる大事なものです。
弊社では経営計画書を一から作成してご一緒に実行していきます。

こんな方いらっしゃいませんか?

赤字体質を変えたい

自社の財務状況の把握ができておらず、目の前の資金繰りで精一杯。経営改善のためにも、自社の強みや課題を一緒に整理してくれる人が欲しい。

目の前の業務で忙しい

日々の経営者としての実務に追われ、自社の経営を振り返る時間がとりづらい。計画を立てたものの、どのように実行していくべきかが分からない。

計画書の作り方が分からない

経営計画書にどんな中身と項目が必要なのかを知らない。経営計画書や事業計画書を作りたいが、周りに相談できる人がいない。

サポートの流れ

01

ヒアリングのお時間を頂き経営課題を整理・明確化。

ご依頼いただいてからヒアリングを1〜2時間頂き、 5カ年計画・目標の着地点を一緒に考えます。

02

5カ年計画から逆算させた短期の事業
計画を作成します。

長期的目標から逆算し、年単位・月単位で計画書・TODOリストを作成します。 利益の予算と実績もきちんと計画します。

03

更に月別の売り上げ目標などの詳細数値
目標を設定します。

目標達成のために毎月どれだけの売り上げが必要なのか、原価をどこまで抑えられるか等細かく想定した数値を定めます。

04

経営計画の実行と振り返りを行います。

毎月定期的にミーティングを挟みながら月別の目標に対する途中経過と実行結果を振り返ります。

弊社の特長

伴走型コンサル

経営計画は一番会社を分かっている経営者自身が作成することに意味があります。経営計画作成のどこから手をつければいいか分からなくとも大丈夫。私たちがゼロからサポートいたします。ご一緒に経営計画を立て実行まで行いましょう。

30代経営コンサルの視点

これまで幅広い業種の経営計画書作成を支援。自身も経営者として実務を担当しているからこそ、経営者のつまづきやすいポイントも理解しています。これまでの経験を踏まえた上で、一緒に実行できる経営計画を立てさせていただきます。

数値計画の実行促進

経営計画を立てた効果を実感してほしいからこそ、計画の実行までサポート。毎月の進捗確認以外にも、弊社では電話やSNSを活用し、リマインドや計画がずれた場合の軌道修正も迅速に行わさせていただきます。

実績

経営計画実行管理によって年商1~2億円向上

■業種:建築業
■施策以前の年商:1億〜2億
■現在の年商:3億〜4億
■従業員数:10名

■行った施策
原価計算に不明瞭な点があったので、利益率をだすという事を徹底してもらいました。 施策実施前は一現場ごとに工事の見積もり利益率を出し、工事後に状況に応じて利益率が変わる原価管理をされていましたが、どういう状況で変動したのか等まで詳細を管理されていなかったので原価管理計画を立てさせていただきました。 現場ごとの利益がでる原因を明確化したことで、スタッフ全体に「どの現場だと利益がよくとれる」など、思考に意識が向くようになります。 利益が出ればで多分の利益を社員に還元できます。こうして財務体制が改善され、受注工事案件の幅も広がり、1年2年単位で実績に直結する事が出来ました。

固定費を見直し経費削減 黒字体質を強化

■業種:花屋
■施策前状況:コロナ禍で売上1000万円減
■施策後:利益は黒字転換
■従業員数:8名

■行った施策
コロナ禍で売上が1000万円減ってしまいましたが、 利益に直結しない経費を削減してもらう事で利益は黒字に転換しました。 一番見直しさせて頂いたのは保険です。 会社が契約している保険料ですが、今本当に必要なものなのかを吟味させて頂きながら1つ1つ確認し、緊急性のないものは解約してもらいました。 そうすることで月々約60万円の経費が削減することに成功しました。 ふたを開けると何のためにこの経費を払っているのか説明できない項目は、削減させていただきました。

よくある質問

Q.

コロナ禍で計画を立てて
意味があるのでしょうか?

A.

この時期だからこそ計画が必要です。方向性が定まることで経営者自身の安心にも繋がりますが、社員にも会社の方向性は大丈夫である事を示すことで安心と士気向上に繋がります。

Q.

費用感はどのくらい
でしょうか。

A.

経営計画については基本10万円程になり、事業規模の小さい会社様は5万〜となります。要相談になります。

Q.

相談はオンラインでも可能
でしょうか。

A.

相談についてはオンラインでも対面でも可能です。ご対面希望のお客様であれば、全国どこでもご訪問させていだだきます。